VIO脱毛しまくる事で平常心を保てている

VIO脱毛しまくる事で平常心を保てている

脱毛サロンに通うきっかけ

中学時代からのコンプレックス

私は、子供のころから毛が濃く、小学生になってからやたらと腕の毛やすねの毛が目立つことを気にしていました。

特に気になりだしたのは中学に入ってから。中学受験をして、女らだらけの思春期を過ごすことになったのも大きな影響を与えていたと思います。

中学生になると周りのみんなが身だしなみやおしゃれを気にし始め、それに感化されるように私も自分の身なりを気にするようになりました。

体育の授業で着替えてハーフパンツを履いた時、ふと周りを見ると私以上に毛が太く、濃い子は見当たりませんでした。

それから、外を歩くにしても気になることはただ一つ。周囲の腕や足のムダ毛の有無です。

学年が上がるにつれて気になりだし、思いきってすねの毛はカミソリで剃ってみました。

気になっていたものがすーっとなくなって楽かと思いきや、剃ったら剃ったでまた生えてくる。

そこから、ムダ毛との闘いが始まったように感じました。

電車の広告をみて決意

中学を卒業し高校に入学しだした頃がちょうど脱毛サロンが流行りだした頃でした。

その頃には私もすねの毛だけではなく腕も剃り、ワキも剃っていましたが、自己処理のしすぎで少し肌に負担を与えすぎていた気がします。

特にワキは夏場になると半袖や袖なしの服を着ることもあり、ほぼ毎日剃っていたため、毛穴が目立ち青くなり逆に見栄えが悪い状態になっていました。

毎日通学している電車で見かけることはないぐらい広告があり、うたい文句として「何度でも通える」、「満足いくまで」と書いてありました。

お金もそんなにかからないし、自分のお金で通えるのでいつでも行けましたが、小さな文字で未成年は親の承諾がいると書いてありました。

親に一言言えたらよかったのですが、あまり人に相談できるものでもないし、ましてや母親に打ち明けることはその当時できなかったので、なかなか言えませんでした。

そこから我慢に我慢を重ねて、二十歳になってから思い切って通い始めたのが、私と脱毛サロンの出会いです。

子どものころからずっと気になっていた自分のムダ毛をどうにかして薄くし、生えてこなくしたいと思っていた気持ちです。

コンプレックスをなくすことや決意したきっかけが書いてあります。